バイオグラフィー

Photo: 金瑞姫

Shinya Watanabe / 渡辺 真也

1980年 静岡県沼津市 生まれ 静岡県沼津市在住 映画監督/インディペンデント・キュレーター http://blog.goo.ne.jp/spikyartshinya(日本語ブログ) http://parrhesia-shinya.blogspot.com/(英語ブログ) twitter facebook

学歴

2012 – 2017 国立ベルリン芸術大学 造形学部 社会経済コミュニケーション学科 コミュニケーション科学 博士課程修了 博士論文「ユーラシアを探して – ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクの生涯に渡るコラボレーション」 2017年6月2日にディフェンス成功 最終評価 magna cum laude (sehr gut)
2002 – 2004 ニューヨーク大学大学院 シュタイナート教育学部ビジュアル・アート・アドミニストレーション修士課程 卒業 美術修士論文「国民国家が芸術に与える影響 – 旧ユーゴスラビア諸国の場合
1998 – 2002 専修大学経済学部国際経済学科 卒業(特待生)
2000 – 2001 イリノイ大学アーバナ・シャンペイン校へ交換留学

職歴

2013 – 2017 ベルリン工科経済大学  (Hochschule für Technik und Wirtschaft, HTW Berlin) 造形文化学部講師
2011-2013 文化庁新進芸術家海外研修員
2011 テンプル大学ジャパン 講師
2009 – 2010 東京都歴史文化財団 東京文化発信プロジェクト室 地域文化交流推進課 主事(キュレーター)
2008 – 2009 インディペンデント・キュレーター
2005 – 2007 イーサン・コーヘン・ファインアート ギャラリー・マネージャー(ニューヨーク市トライベッカ)
2003 – 2004 スパイキー・アート創設 キュレーター活動を開始
2003 – 2004 ローズリー・ゴールドバーグによる非営利美術団体「Performa」創設メンバー(NY)

映画製作歴

2016 ドキュメンタリー映画「Soul Odyssey – ユーラシアを探して」 監督・脚本・プロデュース・編集・出演インドネシア世界人権映画祭、カザフスタン国際ユーラシア映画祭などにて上映

展示活動歴

2016 – 2017 ナムジュン・パイク 2020年 笑っているのは誰 ?+?=??」ワタリウム美術館 鹿児島県霧島アートの森へと巡回
2014 When Empty Self Becomes Form (我空が形になるとき)」TS art projects, Berlin
2011 ART-AID Basel Project For Japan 『来るべき未来への追憶』」 旧Plug-In, Basel, Switzerland
2009 – 2010 ボルケーノ・ラヴァーズ – アイスランドと日本から」 ISE Cultural Foundation, NY
2008 – 2009 アトミックサンシャインの中へ – 日本国平和憲法第9条下における戦後美術」 ニューヨークPuffin Room、東京代官山ヒルサイドテラス、沖縄県立美術館へと巡回
2006 Salad Days」(展示作家:池田剛介) アーティスト・スペース、NY
2006 アクション・ペインティング・バトル!篠原有志男vs.勝間陵賀」 イーサン・コーヘン・ファインアート、NY
2005 もう一つの万博 - ネーション・ステートの彼方へ」 成長型アートスペースlevel1、ギャラリーSOAP、旧130銀行ギャラリーから非営利美術スペースWhite Box, NYへと巡回

出版

2017 内なる光で世界を照らすこと – 赤瀬川原平の遺作『引伸機』について」 美術手帖 2017年6月号
2016 ナムジュン・パイク 2020年 笑っているのは誰 ?+?=??」平凡社 ワタリウム美術館 (著) 渡辺真也(解説) (ISBN-13: 978-4582206890)
2015 Let There Be Sound! – On Joanna Przybyła’s Sound of Architecture」ポズナン国立美術館
2013 Art after Free Will」 ArtAsiaPacific 誌 82 号 2013 年3-4 月
2013 Cogito ergo soup: Interview with Shinya Watanabe」 EIGENART 誌 82 号「Suppe」
2010 柳幸典のアーティストブック「犬島ノート」編集担当 (ISBN:978-4-9903847-2-2)
2009 McCaffrey Fine Art発行「KAZUO SHIRAGA」の編集・版権処理担当 (ISBN:978-0-9790484-4-9)
2009 展示カタログ「Volcano Lovers – From Iceland and Japan」(ISBN:978-1-61623-969-5)
2008 インタビュー“Shinya Watanabe’s New York and Tokyo Exhibition on Post-War Art Under Article 9” by Jean Downey, Japan Focus
2007 展示カタログ「Into the Atomic Sunshine – Post-War Art under Japanese Peace Constitution Article 9」(ISBN:9781604619669)
2007 ジャパン・ソサエティーの展示「Making a Home」カタログへの寄稿
2007 広島市現代美術館での展示「ポートレート・セッション」に「中心性への希求 – パメラ・ローゼンクランツの芸術行為と自己同一性の解体」を寄稿
2006 エッセイ“Cogito ergo Europe – New European Identity and Its Limitations”をデヤン・カルジェロビッチのプロジェクト“Europory”のため、イタリアのCitta d’Arte財団に寄稿
2005 「もう一つの万博 – ネーション・ステートの彼方へ」カタログ製作
2004 マリーナ・アブラモビッチ・インタビュー「今はなき故国ユーゴスラヴィアと親友スーザン・ソンタグを想う」を「舞台芸術」に寄稿

受賞歴

2016 インドネシア世界人権映画祭(IFFPIE)優秀作品賞、ストーリー賞
2011 文化庁新進芸術家海外研修制度(ベルリンにて2年間)
2009 花王芸術科学財団より助成金受賞(ボルケーノ・ラヴァーズ)
2009 イセ文化財団 エマージング・キュレーター・アワード(ボルケーノ・ラヴァーズ)
2008 野村国際文化財団、朝日新聞文化財団、花王芸術科学財団より助成金受賞 (アトミックサンシャインの中へ)
2007 国際交流基金助成受賞 「パネル・ディスカッション『平和憲法は時代遅れか?再軍備を検討する日本』」(会場:アジアソサエティ)
2005 2005年度CECアーツリンク インディペンデントプロジェクト・アワード (もう一つの万博)
2005 野村国際文化財団、朝日新聞文化財団より助成金受賞 (もう一つの万博)

語学・免許

日本語:ネイティブ 英語:ネイティブクラス ドイツ語:コミュニケーション可 学芸員免許取得済み 通訳のご依頼はこちら

レクチャー歴

ニューヨーク大学、コロンビア大学、サラエボ・アカデミー・オブ・ファインアーツ、東京大学、東京藝術大学、大阪大学、立命館大学、京都造形芸術大学、京都精華大学、北九州市立美術館、ロケーション・ワン、トーキョー・ワンダー・サイト ほか

翻訳

2017 ブラジルのTVドキュメンタリー「Inspired: Tadao Ando」の英訳&字幕作成
2010 NCAにおけるVik Munizレクチャーの同時通訳
2007 清水穣による高松次郎論「写真の写真」の英訳
2007 ドキュメンタリー映画「ニアイコール森山大道」の英語字幕翻訳
2007 広島市現代美術館にて開かれた展示「ポートレート・セッション」展のカタログテキストの英訳(四方田犬彦氏の文章など)
2006 ヘンリー・マーティンによる記事”Suspensions”を福井県立美術館での靉嘔回顧展「虹のかなたに」カタログの為に英訳
2004 金沢21世紀美術館創設カタログの英語翻訳
2004 ローリー・アンダーソンの愛知万博の為の俳句の翻訳を手掛ける

翻訳のご依頼はこちら